© 2019  ヒラヤマホーム株式会社「ZEHの木の家」

一級建築士事務所 千葉県知事登録  1-1812-3897

  • Instagram
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon

ZEH対応の住宅にするなら

屋根一体型太陽光発電

2020年までには新築住宅はZEH対応が求められてきます。

ファミールWXでもZEH対応した住宅のご提供も行っております。

通常の太陽光を乗せるものも問題ありませんが、オススメしているのが「屋根一体型太陽光発電」です。

太陽光で資産価値を高める

屋根一体型太陽光発電の特徴・メリット

特徴① 高いデザイン性

特徴② 費用対効果の良いメンテナンス性

特徴③ 無駄のない搭載プラン

特徴④ 屋根形状に縛られない

ZEH(ゼッチ)って何?

ZEH(ゼッチ)とは、高断熱性能・省エネ設備・HEMSなどを組み合わせて導入することによって、年間の1次エネルギー消費量が概ねゼロとなる住宅です。

POINT

省エネによって消費するエネルギー量を減らすこと

POINT

消費したエネルギーと同等のエネルギーをつくり出すこと

1年間の消費エネルギー

​0以下

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)は、無駄を省く「省エネ」、太陽王発電などでエネルギーw作る「創エネ」、エネルギーの状態を見るようにする「HEMS(ヘムズ)」を君合わせて活用し、1年間の消費エネルギー≦総エネルギーになる住宅を指します。

なぜ必要なのか?

政府はエネルギー基本形買うにおいて、「住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までにしんちくじゅうたくの平均でZEHを実現することを目指す」という目標を掲げました。

​この流れは世界の流れを

​屋根一体型太陽光発電と

一般的な太陽光発電の比較

カナメ社の製品を用いた場合の比較表となります。

​屋根一体型太陽光の分野では、トップランナーであり、製品の信頼性も高いものとなっております。